トップページ 会員のページ
歯の悩み Q&A >> シミルくらいは?
冷たい物が少し歯にシミルのですが・・・??
冷たいものが歯にシミルのにも、いろいろな原因がありまが、すぐに原因を調べてもらいましょう。ムシ歯になっても表層(固いエナメル質)がおかされただけでは、ほとんど異常を感じません。シミルということは内部(象牙質)までムシ歯が進行しているはずです。放っておくと熱いものがシミたり食べ物が詰まると痛むようになります。すぐ歯医者さんに診てもらうこと。
歯の悩み Q&A >> ムシ歯の原因
「歯垢」ってムシ歯と関係がありますか?
冷たいものが歯にシミルのにも、いろいろな原因がありまが、すぐに原因を調べてもらいましょう。ムシ歯になっても表層(固いエナメル質)がおかされただけでは、ほとんど異常を感じません。シミルということは内部(象牙質)までムシ歯が進行しているはずです。放っておくと熱いものがシミたり食べ物が詰まると痛むようになります。すぐ歯医者さんに診てもらうこと。
歯の悩み Q&A >> 食生活が歯に影響するわけ
歯のためにどんなことに気をつけたらいいですか?
歯は何でもよく噛んで食べると丈夫になります。歯が食べ物にこすられ、唾液に洗われてきれいになるうえ、歯ぐきや顎の骨もきたえられるからです。未開地の原住民にムシ歯や歯周病がほとんどないのは、自然から取れる食べ物を生に近い状態でバリバリよく噛んで食べるからです。現代人は、加工食品や軟らかすぎる食事などをよくとりますが、これを改めて何でもよく噛んで、味わって食べるようにしましょう。
歯の悩み Q&A >> いい歯はママの努力から
妊娠中、歯がガタガタになることはありますか?
妊娠中は確かに歯を悪くしがちです。ですが、それはひとつにホルモンの関係で口の中が酸性に傾くからです。さらにつわりで気持ち悪くなる為、ブラッシングを怠るようになるから不潔にもなります。ですからブラッシングを怠らないようにしましょう。気持ちが悪ければ歯磨き粉は使わず磨きましょう。そして栄養のバランスを考え、歯によい食事を心がけましょう。
歯の悩み Q&A >> 清潔は最大の防御
毎日磨いているのにムシ歯になるのはなぜですか?
ムシ歯は歯垢の中のムシ歯菌が原因でおこります。歯垢をきちんと取り除けばムシ歯は防げます。ただ「磨いている」ではなく歯ブラシをきちんと使って歯垢を取り除きましょう。自分では磨いてるつもりでも、カンジンなところにブラシが届いていなければ歯垢はとれません。回数にこだわらず、寝る前1回でも、時間をかけてていねいにブラッシングすれば十分効果的です。歯間ブラシやデンタルフロスなどをうまく使いわけて、歯の清潔と健康に役立てて下さい。
歯の悩み Q&A >> 歯周病の予防と治療
歯周病になるのは年のせいですか?
歯周病の直接の原因はなんといっても歯垢と歯石です。そのほかに、咬み合わせが悪かったり、冠やつめ物が原因でその進行を助長したりします。普段から顎や歯ぐきが鍛えられていないことも原因といわれ、どんな年代の人にも起こりうる病気なのです。予防や治療の第一は、原因である歯垢を取り除くこと。それにはブラッシングが効果的。歯垢を除去すると同時に歯ぐきもマッサージします。歯石は自分ではとれませんので歯医者さんで定期的にとってもらいましょう。進行してしまったら、その進み具合によって治療法もさまざま。大切な歯が抜けてしまわないうちに専門医に診てもらいましょう。